アフィネ動物病院
お気軽にご連絡ください 受付時間 9:00~11:45 17:00~19:45
電話番号メール
  • サイトマップ
  • リンク

犬のワクチン

【犬ワクチンの必要性】

みなさんは狂犬病の他に混合ワクチンがあるのをご存知ですか?混合ワクチンで予防できる病気の中には愛犬の命さえも脅かす恐ろしいものも含まれています。

【ワクチン接種で予防できる主な病気】

犬パルボウイルス感染症 犬ジステンパー
犬パラインフルエンザウイルス感染症 犬コロナウイルス病
犬アデノ2型感染症 犬伝染性肝炎
犬レプトスピラ症

【犬ジステンパー】

感染力が強く死亡率も非常に高い病気で、空気感染とジステンパーウイルスに感染した病犬から直接うつる場合があります。感染すると、高熱、目やに、鼻水が出て元気、食欲がなくなり、激しい咳、嘔吐や下痢もします。

【レプトスピラ症】

犬だけでなく、他の動物や人にも感染性がある伝染病で一昨年から法定伝染病となりました。病原菌は尿中に排泄され、この病犬の尿と接触することにより感染します。

【犬パルボウイルス感染症】

犬パルボウイルスが経口感染することにより発病します。激しい嘔吐、下痢を起こし食欲がなくなり、急激に衰弱します。感染犬の便中には大量のウイルスが排泄され、感染源となります。伝染力が非常に強く、犬ジステンパーとならんで死亡率の高い恐ろしい伝染病です。

【かけがえのない愛犬の為に】

抵抗力の下がった高齢犬にもワクチンは必要です。かけがえのない愛犬の為に定期的なワクチン接種で病気を未然に防ぎましょう。
犬の伝染病は、たくさんありますがそのすべてを予防する事は出来ません。また、予防すべき伝染病は人間と同じで住んでいる場所、年齢等で異なります。
愛犬の飼育環境、日齢等を考慮しながら、獣医師の指導によって「あなたの愛犬」に最良のワクチン接種計画を立ててあげましょう。


2012年3月14日
PAGEUP
Copyright(c) Affiner Animal Hospital. All Rights Reserved.