アフィネ動物病院
お気軽にご連絡ください 受付時間 9:00~11:45 17:00~19:45
電話番号メール
  • サイトマップ
  • リンク

犬の子宮蓄膿性

子宮蓄膿性は子宮内に膿がたまる病気です。

【原因】

細菌の感染により起こります。発情を繰り返す事により、外陰部から感染します。

【特徴】

6歳を過ぎる頃から多発するが、もっと若齢でもみられます。発情後に発生しやすいです。
出産歴の無い犬には発生しやすく、出産を毎年繰り返している犬は危険性が低いです。

【症状】

多飲多尿、食欲不振、元気がなくなる、膿性のおりものが出る、嘔吐 など


【予防】

繁殖を考えていないのであれば早めに避妊手術する事です!!

2013年3月4日
PAGEUP
Copyright(c) Affiner Animal Hospital. All Rights Reserved.